全面改修工事 ユニットバスからサッシまでパート1

築41年後を経たお部屋を全面改修をさせていただきました。

水廻りの部位別では、お風呂は、ユニットバスの交換と共に、浴室内に設置されていた
ホールインワン型の風呂釜付給湯機を屋外壁掛型機器に変更しベランダへ設置、キッチン、
洗面化粧台ともシングルレバー水栓仕様でお湯を使えるようになり使い勝手が向上しました。
PA300006.jpg
TOTO:WFV1116JTX
トイレは、マンションリモデル便器に自動洗浄機能付きウォシュレットをセット。
ドアの変更、内部壁仕上げは汚れが落ちやすいパネル仕上げとしました。
洗面化粧台は、やはり給湯配管工事によってシングルレバー水栓でお湯がお使い頂けますし、
正面壁仕上げは、トイレ壁面と同様にパネル仕上げです。
PA300002.jpg

トイレ横に物入れがあり、今回は全て撤去して新規造作で下部に洗濯機スペースを設けました。
今まで洗濯時には、排水ホースを浴室へ入れて流し、給水は浴室からと毎回セットする必要がありましたが、防水パン、給水管、コンセントを設置し手間無く洗濯して頂けるようになりました。
また、洗濯機上部に両開き扉の付いた収納を造作し、まとまったランドリースペースができました。
PA300001.jpg

ビフォアーは
PA010014.jpg
写真の向きは違いますが、とても良い感じです。



| Comment(0) | TrackBack(0) | リノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright(C)2010サンマミー住宅リフォーム情報局All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。