ALCの雨漏り修理1

ALC造ビルの雨漏りです。

3階東側面と1階東側、北側に雨漏りがあり、

短時間の小雨では気がつきませんが、1日〜2日ほど

続く雨で屋内側に漏水します。
s-P4170051.jpg
これは、3階東面屋内側雨漏り跡ですが、
壁から浸み出ています。

そして、1階漏水状態です。
s-P5040109.jpgs-P5040105.jpg
3階の画像では壁面のクラックからの漏水、1階では基礎とALC板の接続部からの漏水と
思われます。

外壁側から調査すると、壁面には水が入り込むクラックが無く、基礎との接続部の防水に
不良箇所が見つからない場合があります。

ALC(軽量気泡コンクリート)は、
幅600mm毎に継ぎ目があり、その継ぎ目に防水材を施します。

この防水材の経年劣化等で隙間ができ、そこから雨水が入り込み
ALC内部や基礎上部に伝わって屋内に漏水することが多々あります。

建物が大きくなるとシーリング工事だけでも延長が1000mを超え、

また、足場も必要になります。

今回は、お隣との境に距離が無く、3階一部のみシーリング工事なので、

足場不要の工法を採用しました。






| Comment(0) | TrackBack(0) | ALC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright(C)2010サンマミー住宅リフォーム情報局All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。