3点式ユニットバス交換を交換しました。

今回は、3点式ユニットバスそのものを交換する工事です。

TOTO製 EHV1014UAAA5 

PC250019.jpg

こちらのアパートは、トイレ造作スペースの確保が非常に困難のため、
同タイプの入れ替え工事となりました。

とは言え、新規ユニットバスは清潔感たっぷりです。
内寸法は、幅1400mm×奥行1050mm×高さ1945mmですが
この中にすっきり機能的に収まって、浴槽も可能な限り広くなっています。

ビフォアーは
P6150004.jpg
1977年製です。



| Comment(0) | TrackBack(0) | ユニットバス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トイレを外に出しました。

浴槽、洗面台、トイレがセットになっているユニットバスを3点式と呼びます。
お客様は、今回、これらを全て単独で設置、増設とキッチン入れ替え、洗濯機置場移設、
給湯機交換、クローゼット収納増設、可動式棚設置、下駄箱交換、間仕切り引き戸、
ウインドウフィルム施工、照明交換、フローリング施工、天井壁クロス張り替え等々のご希望です。

工期は約1ヶ月とし、空室にて施工させていただきました。
ユニットバスの向きを90°変更し洗面台設置スペースを取り、
洗濯機置き場の移動で、トイレを造作しました。

P3120018.jpg

P3090003.jpg

P3120062.jpg

と、この様に別々になりました。

ちなみに、リフォーム前は、
P1150048.jpg


クローゼットは、間口2500mmとして左側を可動式棚として、収納物の大きさに応じて収納できます。
P3120036.jpg

右側は枕棚を造り、下部のオープンスペースにハンガーパイプを取付て、丈長衣装や、大きな旅行ケースも
十分収納可能となりました。

他のリフォーム部位では、大きな透明ガラス窓3面に、ホワイトマット調のウインドウフィルムの
施工でプライベートを確保しつつ、飛散防止機能で万が一ガラスが損傷した時の被害を押さえました。

そして、間仕切り壁を撤去し3枚引き戸を採用、開けた時、扉の全てを控え壁に収めて開放的な
空間となりました。

初めてお打ち合わせに伺うと、お施主様が図面と工事内容のご希望を用意して下さっており、
図面を基に、採寸、商品選択ができ、最終プランまで比較的スムーズに進みました。

また、工事も工期内で完了でき、とても順調に仕事をさせて頂ました。









| Comment(0) | TrackBack(0) | リノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TOTO 冬のほかほかプレゼントキャンペーン終了です。

TOTO 冬のほかほかプレゼントキャンペーン終了いたしました。

次回のお得情報が楽しみです!!



| Comment(0) | TrackBack(0) | お買得情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright(C)2010サンマミー住宅リフォーム情報局All Rights Reserved.